知識 ダイエット

リバウンドの仕組みとダイエット

ダイエット後のリバウンドを避けたいという人は、ダイエットとリバウンドの仕組みを理解することが大事です。

ダイエットを目的にカロリー摂取量を減らすと、体はカロリーが足りないことに気づきます。体に十分な栄養が補給できない状態が続くと、体内のホメオスタシスという機能が働きます。外界からの刺激によって体温や内臓機能が変化しすぎないように調節をはかるのが、ホメオスタシスの主な役割だといいます。

無人島に打ちあげられたり、船が漂流する時などに役立ちます。ホメオスタシスが機能しているために、食事を減らしてダイエットをしても、体重の減少という結果が出るまでに時間がかかります。ダイエット効果が出ない期間も食事量を抑えていれば、1カ月もすると体は今の状態を平常状態と見なしてホメオスタシスを終わらせます。

中途半端なタイミングでダイエットを終わらせると、リバウンドが起きます。ダイエットを終わりにして、食事量を元どおりにしても、ホメオスタシスは機能しています。
ダイエット中の食事量に合わせてホメオスタシスが働いている時に、依然の量の食事をとれば、余剰カロリー分がごっそりと脂肪になってしまうでしょう。

このような仕組みで、人体ではリバウンドをするのです。

ダイエットで体重を減らすためには、ホメオスタシスとリバウンドの仕組みを把握し、食事のコントロールに生かすことです。

 

サイトマップ